2018年1月25日木曜日

雪道のドライブ、走り方の注意点

今週は大雪が大変でしたね!

 この時期のショーのフィナーレは、ゆきだるま
通常のショーで作るゆきだるまと、スペシャルショーで作るBIGゆきだるま


BIGゆきだるまをつくっている模様
雪の日にやると、いつもよりずっとウケがいいですね


今週、風船職人SHINOはショー公演でさいたま市、横浜市、練馬区あたりに伺っています。大雪で交通網が麻痺しているみたいですが、私は若干影響をうけたものの、ニュースに取り上げられるような酷い状況には巻き込まれず、セーフでした。みなさんは大丈夫だったでしょうか。
山手トンネルで10時間も立ち往生とのニュースを聞いて、その日の昼に、まさにここを通過してきたので、ぞっとしましたけれども。


冬季のショー公演やイベントへの移動については、通常使用しているバン車はノーマルタイヤなので、雪の日はスノータイヤを兼ねるオールシーズンタイヤを履いたミニバンでイベント現場に伺っています。


先日、車検などでいつもお世話になっている整備士さんから雪道のドライブについてアドバイスをいただいて、とても役に立ちました。

今後のために備忘録として、そして他の誰かのお役に立てるかもしれないので記しておきます。


雪道のドライブ


1速、2速、D、N、R、P があるオートマのギアのなかで、

  • 雪道では Dは絶対に使わない。


  • 回転数が上がりすぎると空転しがちなので、回転数を押さえて走る。


  • 特に発進時には気をつける。アクセルを踏み込まないこと。1速で発進して2速へとシフトさせる。


  • 雪道の状態が良く、少しスピードが出せる状況の場合は、2速のままオーバードライブをオフにする(横にあるポチっとできるオーバードライブボタンを押す)と実質3速へとシフトアップできる。


  • 急な坂道では前の車が登り切るまで待つ


  • 車間は詰めない


  • 下り坂はエンジンブレーキをフル活用、そうでないときもエンジンブレーキを意識してブレーキに頼りすぎないようにする


  • 軽いとスタックしやすいので積荷がないときはオモリを載せておくなどする



以上をしっかり守ってドライブすると、雪道もそんなに怖くはありません。でも、ノーマルタイヤだと上記を守っても無理なものは無理。必ずスタッドレスか、チェーン装着で。


大雪から明けた朝、ショー公演で伺った横浜市の保育園さんの園庭。
雪!雪!雪!
子ども達にとっては、とっても楽しい雪遊びが出来る日なので、
たまに積もるくらいは楽しいハプニングと思える余裕が欲しいですね。